[ポイント1] 集中度が午前に高い朝方体質、午後の夜型体質は半々。夜型体質の人が朝働く場合、起床後、昼すぎまでに強い日光を浴びるとよい。 [ポイント2] 不眠とうつの関係性は高い。早寝と光を活用…