[ポイント1] 人々は将来の結果をすべて知っており、利潤や満足を最大化させる合理的選択ができる「確実視」の前提を置くのがミクロ経済学。 [ポイント2] ケインズが不況や非自発的失業を説明するため…