[ポイント1]
アップルの決済サービス「アップルペイ」がiPhne7で日本導入、FeliCa(非接触IC技術)採用し日本重視をアピール。

[ポイント2]
iDかQUICKPayいずれかの電子決済サービス登録が必要なうえ、WAONやnanaco、Edyには対応していない。

[ポイント3]
クレジットカードのシステム負荷が大きく、アップルペイ対応・非対応で各社の態度2分。いずれアンドロイドペイもフェリカ対応か。

 

 

ついに上陸──。9月16日、米アップルの新型スマートフォン「iPhone 7」が発売された。

コードレスイヤフォンや防水性能、上位モデルにおける二つのカメラレンズ搭載など、近年にないバージョンアップとあって人気は高騰。東京・銀座や渋谷のアップルストアには当日販売分を求め、長い行列ができた。

今回のiPhone 7で何といっても注目されるのは、アップルの決済サービス「アップルペイ」だ。米国では2014年にサービスが始まっており、日本でも10月の導入が予定されている。