官公庁の統計の中で、いち早く足元の景況感をつかめるのが「景気ウォッチャー調査」だ。対象はスーパーや百貨店の販売担当者や製造業の経営者など、景況感を把握しやすい職種の中から選ばれた2050人。毎月25…