2%の物価上昇率を目指し、日本銀行が質的・量的金融緩和を開始してから約3年半が経過した。大規模な金融緩和による円安から輸入物価が上昇したこともあり、日銀が注視する消費者物価指数(CPI、生鮮食品とエ…