ウェバー社長(右)が山中教授を訪ねたのは14年9月。短期間で合意に至ったという(撮影:風間仁一郎)

国内製薬最大手の武田薬品工業が、iPS細胞の医療応用に本格参入した。ラブコールを送り、手を組んだ相手は、京都大学iPS 細胞研究所(CiRA)だ。国内のiPS細胞研究では最大規模の提携で、武田は10年間で200億円の研究資金を提供するほかに、研究設備など120億円以上に相当する研究支援も行う。

両者から計100人ほどの研究者が集まり、武田の施設で共同研究を行う。対象疾患は、糖尿病、精神・神経疾患などさまざまだ。

武田としては効率的に新薬を生み出すことが最大の狙い。iPS細胞というと再生医療のイメージが強いが、実は安全面のハードルが比較的低い「創薬」での利用が、早く普及するとみられる。