著書『病院で死ぬということ』を上梓した1990年当時、病院での終末期医療は大変な状況だった。一分一秒でも患者の命を延ばす“延命至上主義”を当然とする医療システムの中で、悲惨な最期を迎える患者を数多く…