OECD(経済協力開発機構)の国際比較を見ると、日本の医療が過剰であることは明らかだ。人口当たり病床数はOECD平均の3倍弱、受診数は同2倍で、急性期医療の平均在院日数は同3倍。CT(コンピュータ断…