医療は「死なないため」ではなく「死ぬからこそ」あるものと名郷氏は説く(撮影:今井康一)

開業医として多くの外来患者を診ていると、80歳、90歳になったにもかかわらず、健康が第一の関心事で、でも全然楽しそうじゃない、というお年寄りがすごく多いと実感する。

幸福度調査を日米で比較すると、米国は30代に幸福度の底があり、高齢になるに従って幸福度が増すのに対し、長生きと健康を実現した日本は、年を取るに従って幸福度が低下していく。

身もふたもない言い方だが、いくら健康に気をつけていても、寿命が来るとどんな人も必ず死に至る。現状では100歳までにほとんどの人が死亡している。医療技術の進歩で今後それが110歳、120歳に延びるかもしれないが、どんなに努力しても、最後にはみんな死んでしまうということだ。

日本人は70歳を過ぎたあたりから、がんや心疾患など、いろいろな原因や老衰で急激に死んでいく。生活環境や生活習慣が改善し、長生きになったせいだ。皮肉なことに、生活習慣が改善したことで、高齢化によるがんや心疾患での死亡が増加し、死亡の原因が多様化している。