表参道のソフトバンクモバイル直営店にできた行列は約1500名。集まった報道関係者は約280名。7月11日発売の米アップル製携帯電話機「iPhone(アイフォーン)3G」は、文字どおりのお祭り騒ぎを巻き起こしている。

この日、アイフォーン3Gが発売されたのは日本を含む21カ国。週明けの14日、アップルのスティーブ・ジョブズCEOは「13日までの3日間の販売台数が100万台を突破し、すばらしいスタートを切った」と発表した。アップルの現在の目標は2008年の12カ月間でアイフォーンを1000万台売ること。6月9日までの初代(2G)機の実績は図表1のように230万台(600万台‐370万台)とやや低調なようにも見えるのだが、“3G効果”により前倒しで1000万台を突破する可能性が高い。

[図表1]
拡大する

ドコモに競り勝ったソフトバンク

アイフォーン3Gの人気のポイントは、まずタッチパネルを用いた斬新なインターフェースだ。加えて、世界トップシェアを握るiPodの機能を内蔵しており音楽プレーヤーとして使うことができるうえ、パソコンとの連係によるスケジュール管理、メール管理もお手のものだ。