「岡田代表は本当につまらない男だと思った」

9月2日告示、15日投開票となる民進党の代表選。有力候補となっている蓮舫代表代行が岡田克也代表について述べたこの発言が波紋を広げている。蓮舫氏はすぐに謝罪したが、党内からは批判も出ている。私にはこの問題が単なる「失言」とは思えない。小泉純一郎政権の頃から顕著になっている、「つまらない政治」が悪で「面白い政治」が善ととらえる風潮が、蓮舫氏の発言の背景にあるように思えてならないのだ。

蓮舫氏は8月23日、日本外国特派員協会での記者会見で「私は岡田代表が大好きだ。ただ、1年半一緒にいて、本当につまらない男だと思った。人間にはユニークさが大事。私にはそれがある」と発言。党内からは「とても残念。人を揶揄したりおとしめたりする言葉を、代表選に出ようとする人が口に出すべきではない」(阿部知子衆院議員)といった批判が出た。蓮舫氏は「言い方を含め本当にダメだと猛省しています」と話したが、批判は収まらなかった。