1950年、松下幸之助が55歳のとき、事態はようやく好転した。GHQによる財閥指定などの諸制限が解除され、本来の企業活動ができるようになった。そこに朝鮮戦争特需による景気好転も重なり、松下電器産業も…