2013年に欧米で先行発売されると予想外の大ヒットを記録した(ロイター/アフロ)

ここまでの成功を、誰が予測できただろうか。家庭用ゲーム機「プレイステーション 4(PS4)」は、5月に累計販売台数4000万台を突破した。ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)にとって、PS4は過去最速のスピードで売れているゲーム機となった。ゲーム業界全体で見ても、歴代トップクラスの実績である。

PS4は、2013年2月に米国ニューヨークで開かれたプレスイベントで発表された。しかし当時はスマートフォンゲームが伸び盛りで、家庭用ゲーム機ビジネスは“消えていく業態”と見られていた。SIEもここまで爆発的に売れることは予想していなかった。しかし13年11月に北米で発売されると瞬く間にヒット。14年にSIEは、「ヒットの要因を分析している最中」とコメントしており、うれしい誤算だったようだ。

[図表1]
拡大する

ここまで売れたのには、複数の要因が考えられる。あえて一つだけ挙げるなら、「ゲームを趣味とする人々は想像以上に多かった」ということだろう。