わたなべ・まこ●作家。人と動物の共生を主なテーマに執筆、講演活動等を行う。殺処分問題についても積極的に発言している。『捨て犬を救う街』(角川文庫)、『犬と、いのち』(朝日新聞出版)、『幸福な犬 世界一幸せな飼い主になる方法』(角川文庫)など著書多数。

殺処分問題を取材する前は、業者が売れ残ったペットを保健所や動物愛護センターに持ち込んでいるのだろうと思っていました。ところが、実際にそうした処分施設に行ってみると、ペット好きの普通の飼い主が連れてくるケースが非常に多い。犬がほえたり、かんだりするから、あるいは引っ越し先ではペットを飼えないからと言って。その現実に、大変なショックを受けました。

ほえる、かむといった問題は、犬の行動や生態に合わせた正しいしつけをすることで改善できます。将来、自分が引っ越しする可能性があるかどうかは、ペットを飼う前から予想できることでしょう。

もちろん、人生何が起こるかわかりません。最近では社会情勢を反映してなのか、会社の倒産や離婚などで家計が苦しくなり、ペットを手放す人も増えているようです。

そうした場合も親身になってくれる団体やボランティアがいるので、安易に捨てる前に相談し、力を借り、アドバイスを仰ぎながら、ご自身も最大限の努力をしていただきたいです。センターで行われる殺処分は安楽死でなく、動物たちは苦しみながら息絶えるのですから。