放任しておいても需給は過不足なく均衡する。これがミクロ経済学の教えるところであるが、現実世界は至る所で不均衡が垣間見られ、それを緩和すべく政府が市場に介入する。介入を是とするのか、非とするのか、そこ…