1215年にローマ教会が金利を公認したことで資本主義は産声を上げた。中世12世紀における高利をめぐる激烈な論争は「資本主義の産褥(さんじょく)」(『中世の高利貸』[01])なのである。「長い16世紀…