主人公は、エリート街道から転げ落ち、シニア人材として後輩上司の下でくすぶる59歳、東条。ある日、話すと元気になると評判の奥野老人を知り、老人の元へ通うようになる。最初は小憎らしい後輩をどうしてやるか…