過去35年間、米国の実質賃金は生産性向上のペースについていけなかった。増加する利益は管理職やCEO(最高経営責任者)、あるいは株主の手に渡っていた。所得分布の下層10%において実質賃金は約6%減少し…