ゼネコン(総合建設業)の同族経営が相次いで終焉を迎えている。熊谷組、佐藤工業、青木建設などの有力企業でオーナー経営者が第一線から退く一方、メインバンクが経営への影響力を一段と強めている。売上高第7位…