2015年の設備投資は上向きとなるものの、力強さには欠けそうだ。

14年7~9月期の法人企業統計によると、設備投資(ソフトウエア除く)は前期比3.1%増と2四半期ぶりに前期比増加となった。非製造業は同0.1%増とほぼ横ばいだった一方で、消費増税の反動減局面を終えた製造業が同9.3%増と高い伸びになったためだ。

民間設備投資の先行指標である機械受注統計(船舶、電力を除く民需)を見ても、9月まで4カ月連続の増加となっている。15年に向けて設備投資は、製造業を中心に底堅い展開が期待できる。

新規需要はどこに?