2013年に体外受精などの高度生殖医療で生まれた子どもは4万2554人を数える。初めて4万人を超え、この10年間で2.4倍に急増した。今や新生児の24人に1人が体外受精によって生まれている計算になる…