フェイスブックやグーグルなどのネット企業にとって、プライバシーは“飯のタネ”だ。利用者情報を分析し、個人の趣味嗜好により近い広告を打つことができれば収益が上がる。利用者情報そのものも、マーケティング…