[ポイント1] 直接の容疑は子会社が行った買収の際の虚偽発表(証取法違反の偽計取引)と決算水増し(同・風説の流布)だが、粉飾決算疑惑も。 [ポイント2] 実質支配する投資事業組合を第三者に仮装す…