平日、午後6時。神奈川県の駅直結型ショッピングモールにある美容室は、入り口のいすに複数人が座って待つほど盛況だった。休日には開店前に行列ができるほど混み合うことも珍しくない。

オレンジ色のドレスコードで合わせた店員たちは、10分間にセットされたストップウォッチを気にしつつ、驚くべき手際のよさで作業を進めていく。

11分で1500円の手軽さが最大の売り

カットが10分、スタイリングが1分で計11分の施術。神奈川県を地盤として、関東と関西中心に183店(5月末時点)展開する美容室「11cut(イレブンカット)」。11分で1500円(税抜き、以下同)という手軽さが最大の売りだ。

休日は行列ができるほどの人気(撮影:大澤 誠)

客層は6割が女性。それも、子どもを持つ忙しい30〜40代の主婦がメインターゲットだ。看板やメニューは赤、タオルやケープはすべてピンクでそろえている。店が女性向けであることを強調するためだ。子どもを抱きながら来店する客も多い。「15分以内なら、3歳の娘でも機嫌を損ねないうちに帰れる」と30代の女性客は話す。女性客の子どもや夫など家族ぐるみで利用する例も珍しくない。