巨艦・日生は海外も含めあと1兆円超のM&Aを行う方針だ(撮影:梅谷秀司)

日本生命保険が三井生命保険を買収する。三井生命は社名を残して傘下入りする形となる。日生が全株式を買い取り、15%程度を三井住友銀行など三井グループに売却する方向で調整中だ。買収額は85%分に対し、2000億円台の後半を軸に交渉しているもようで、資産査定を経て、10月中にも最終合意を目指している。

三井生命は、保険料の運用収益が契約者に約束した予定利率に届かない「逆ザヤ」を抱え、株主配当の無配が7年続いている。新中期経営計画で攻勢を掲げたものの、コスト削減による投資余力の捻出が課題となっていた。