江戸時代は天下泰平が続いたが、武士は戦闘者としての倫理を身に付け、時にそれを実践しなければならなかった。そうした緊張関係を示すのが、佐賀藩士・山本常朝(つねとも)の口話を筆記した『葉隠(はがくれ)』…