歴史教科書は、昔も今も大差ないと思っていませんか。何しろ歴史的事件そのものが1000年も昔のこと。20年や30年で記述が変わるとは考えられない?いや、違うのです。結構、変わっているところがあるのです。

もちろん日本史の骨格は同じままです。ただし、史料(文書)の解釈が変わったり、新資料の発見があったりして、昔、習ったことがすべて正しいというわけではありません。歴史学は古いことを勉強する学問ですが、毎年のように新たな発見があり、リニューアルされ続けるのです。そこが歴史学の面白さ。

現役の中高生に「鎌倉幕府はね……」と講釈すると、「それ違います!」と突っ込みが入るかもしれません。今の歴史教科書には発見がいっぱい。新しい日本史ワールドを紹介します。

富本銭(左、提供:奈良文化財研究所)の発見で教科書が書き換えられた。和同開珎(右、提供:日本銀行貨幣博物館)に比べると、流通量は少なかったとみられる

17年前の新発見で富本銭が最古に

和同開珎(わどうかいちん)が「日本最古の銭貨」と習った方も多いのではないでしょうか。今は違います。現時点の「日本最古の銭貨」は富本銭(ふほんせん)で、和同開珎は「最古の本朝十二銭」です。