『大学への日本史』の著者である故・安藤達朗氏は、歴史を理解するには〈できるだけ多くの事象の間に連関をつけ、それらを統一的に覚え込む〉と書いている(『いっきに学び直す日本史』は『大学への日本史』のリニ…