その思い出は自然と口からあふれるようだった。「角さん」という言葉を口にするたびについほおが緩んでしまう。増山栄太郎にとって、これほど語りがいのある人物はいなかったはずである。時事通信社の政治部記者と…