社名を冠した新ブランド(左上)を発表する夏坂社長(右)。現状、百貨店の売り場では、客足は多くない(左下)

「白斑症状を発症されたお客様には、多大なるご迷惑をおかけした。失われた信頼を回復するために、お客様の声に耳を澄ませ、徹底して安全・安心なものづくりに取り組んでいく」

5月18日、カネボウ化粧品の新ブランド発表会は、夏坂真澄社長の陳謝で始まった。花王の傘下に入って10年間。初の新ブランドだが、重い空気でのお披露目となった。

というのもカネボウは2013年、一部商品の美白成分の副作用で肌がまだらに白くなる白斑症状が報告され、自主回収を余儀なくされたからだ。被害者の数は1万9584人に及ぶ(4月末時点)。

その反省を踏まえ投入する新ブランドは、「KANEBO」。9月から百貨店と化粧品専門店で販売、アジアや欧州での展開も見込む。メーク商品に加え、白斑問題で新ブランドでの発売が遅れていた、スキンケア商品も投入する。

発表会の中で夏坂社長は、「新生カネボウ」という言葉をたびたび口にした。新たなスタートを切る考えだが、過去10年間の“足踏み”期間の代償は大きい。