日本を代表する銘柄がズラリとそろう東証1部で外国人売りが吹き荒れた今年3月、新興株が取引されている東証マザーズ市場では海外勢が逆に買いの主役を演じた。同月のマザーズ市場における外国人の売り買いは差し引き140億円余りの買い越しと、3カ月ぶりに買いが売りを上回った。売買代金は活況の目安とされる1000億円超えが常態化した。

多くの海外勢の資金を引き付けたとみられるのが、創薬バイオベンチャー・そーせいグループ株である。同社の株価は昨年9月下旬から今年5月上旬までの約7カ月半で7倍強に急騰。バイオ分野のソフトバンクとも称される積極的なM&A戦略を通じた、アルツハイマー治療薬など成長分野の強化策が投資家にアピールしたとみられる。時価総額は3500億円超とマザーズ上場銘柄トップだ。

ただ、UBS証券の大川智宏エクイティ・ストラテジストは「成長期待のある銘柄がマザーズ市場にしか残っておらず、そこへ矛先の向かった側面がある」と話す。そっぽを向かれた主力株のマーケット。「1部銘柄売り・新興株買い」という構図は、日本株相場全般に対する海外勢の失望の裏返しでもあるのだ。