「新潟にある実家の森林を相続したが、役所から『木が倒れて道路をふさいでいるので撤去してください』と電話がかかってきた」。東京で会社勤めする50代後半の男性はそうため息をつく。本当に自分の森林の木かど…