たかが片付けというなかれ。「実家の片づけ」には日本の問題点が凝縮されている。戦後、一貫して東京一極集中を進めた日本では、多くの親の家=実家が郊外・地方に取り残された。その実家をどうするか。社会全体の課題なのだ。

かつて実家は親から引き継ぐ大事な資産だった。が、今では親が残した大量の物の整理をしなければならない。さらに地価の下落が続き、郊外や地方の家はなかなか売れない。引き継ぐ側にとって、実家は“迷惑資産”になりつつある。